副業・起業

副業初心者が陥る3つの罠|初心者が落とし穴から抜け出す方法

こんにちは!たなしゅんです。

この記事をお読みいただきありがとうございます^ ^

今回は副業初心者が陥る3つの罠というテーマでお話ししていきます。

副業について興味を持ち情報収集している頃って、初めてのことばかりで右も左も分からないですよね。

僕もそんな経験があったので、僕の経験を踏まえ分かりやすくお話ししていきます。

「これから副業を始めたいけどどんなことから始めればいいの?」現状このようにお悩みの方はぜひ最後までお読みになってください。

 

 

やりたいことから始めてしまう

 

まず1つ目の罠はやりたいことから始めてしまうということです。

「えっ!やりたいことから始めるのはダメなの?」と思った方もいると思います。

そうなんです。やりたいことから始めるのは実は間違いなのです。

僕も過去に副業を始めたての頃、ブログや投資を始めましたがなかなかうまくいかなかった経験があります。

やりたいことから始めるのはなぜダメなのかというと、

①リスクが高いビジネスだから

②長期的なビジネスだから

③単価が安いビジネスだから

このような理由があるからです。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

①リスクが高いビジネスだから

 

リスクが高いビジネスというのは、もしそれが失敗したときに金銭的に大きくマイナスになってしまうビジネスです。

例えばFX、株式投資、有在庫物販などです。投資は勝てば利益になりますが、負けるとマイナスになってしまいますよね。

有在庫物販は商品を購入したものの、それが売れなければ赤字になってしまいます。

初心者の方がいきなりハイリスクハイリターンなものをやるのはやめておきましょう。

 

②長期的なビジネスだから

 

長期的なビジネスというのは、頑張っても結果がなかなか現れにくいビジネスのことです。

例を挙げるとブログアフィリエイト、プログラミング、動画編集などがあります。

なぜ結果がなかなか出ないビジネスから始めるのはダメなのかというと、途中で挫折してしまう確率が高くなるからです。また副業に対して「頑張っても稼げない」というイメージに繋がってしまいます。

 

③単価が安いビジネスだから

 

単価が安いビジネスというのは、案件をこなしても全くお金につながらないビジネスのことです。

例を挙げると、WEBライターやイラストレーターなど記事を書いたりデザインをしたりするクリエイター系のビジネスです。

ライターの数が多すぎて、供給が需要を上回っていると単価は必然的に下がります。例えば初心者ライターの文字単価は0.1円〜といわれています。

つまり月5万円稼ごうと思うと50万文字書かなければいけないのです。

どんなに頑張っても収入に繋がらなければ、割りに合わないと感じてしまいます。

「お金はいらないからやりがいを感じられればいい!」という方ならいいかもしれませんが現実的に稼ぐという点で考えると難しいですよね。

やりたいビジネスから始めるのは実は間違い。

リスクが高い、長期的、単価が安いビジネスから始めない。

 

独学で始めてしまう

 

続いて2つ目の罠は独学で始めてしまうということです。

はなぜ独学ではダメなのかというと、

①本やネットで勉強しただけでは稼げないから

②正しいやり方、先生、環境が必要だから

このような理由があるからです。

 

①本やネットで勉強しただけでは稼げないから

 

「本やネットで勉強しながら自分でやってみよう!」このように考える方もいるのではないでしょうか?

僕も実は過去にこんな考えを持っていました。しかし当時はこのやり方ではうまくいきませんでした。

ここで一度考えていただきたいのですが、もし本当に本やネットの情報だけでお金が稼げるとしたらどうでしょうか?

もし本当にそうならば世の中お金持ちだらけですよね。本屋さんに行ったり、ネットを見ると「お金の稼ぎ方」という情報で溢れていますよね。

これはなぜかというと興味がある人が多い内容だからです。

あまり言い方はよくありませんが、本を出版する人も本が売れればそれで良くて、それを読んだ人が本当に稼げるようになるとは思っていないのです。

なので本やネットの情報だけでお金を稼ぐのは難しいと僕は思います。

 

②正しいやり方、先生、環境が必要だから

 

2つ目の理由として正しいやり方、先生、環境が必要という理由があります。

これは当たり前なことにも思えますが、副業やビジネスでお金を稼ぐという点では軽視されがちだと思います。

これをスポーツに置き換えると分かりやすいです。例えばプロのサッカー選手になりたい人がいたとします。

本やネットで勉強をして、友達と遊びでサッカーをする。これで本当にプロになれると思いますか?

もしプロを目指すなら正しい練習をして、プロのコーチをつけて、強豪のチームに所属すると思います。

これで必ずプロになれるわけではありませんが、前者に比べるとプロになれる確率がぐんと上がりますよね。

副業やビジネスの場合でも同じです。しっかり結果の出ている環境で、指導実績のある先生をつけ、正しいやり方を教えてもらう。

このやり方がうまくいく一番の近道だと思います。

自分でお金を稼ぐということもお金稼ぎのプロになるということです。なのでそれなりの方法でやらなければいけません。

本やネットでの独学には限界がある。

ビジネスもスポーツと同じ。正しい方法で、良い先生をつけ、結果の出ている環境で学ぶこと。

 

怪しいビジネスに引っ掛かる

 

3つ目の罠は怪しいビジネスに引っ掛かるということです。

まず怪しいビジネスとは何かというお話しをします。

怪しいビジネスとは、

①抽象的なビジネス

②実績など数字がないビジネス

このようなもののことです。

①抽象的なもの

 

「抽象的」とはなんとなくふわふわしていてイマイチピンとこないもののことです。

例えば例を挙げると、「ハワイの不動産があってそれを何人かに紹介すると稼げます!」「1日10分、スマホをタップするだけで月20万稼げます!」「ビジネスの基礎を身につければ稼げるようになる!」

などこのようなビジネスです。

なぜこのように抽象的なものがダメなのかというと、抽象的➡︎具体的な方法がない➡︎稼げないビジネスだからです。

その反対に、何がどうやってお金になるのかしっかり説明ができるビジネスは具体的です。

こういったものの方が再現性があるので結果が出やすいと言えるでしょう。

②実績など数字がないもの

 

実績など数字がないビジネスも危ないです。なぜかというと実績がないということは、それをやって結果が出る人がいないということだからです。

人から教わることはダメなことではありませんが、実績などを見せてくれなくて言葉だけで「稼げます!」と言ってくる人には気をつけた方がいいです。

その人がいい人だからといって、いいビジネス(結果の出るビジネス)を教えてくれるとは限らないのです。

抽象的なビジネスには気をつける

実績など数字がないビジネスには気をつける

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?副業初心者が陥る3つの罠についてお話ししてきました。3つの点に注意していいいビジネス、悪いビジネスの見極めがしっかりできるようになりましょう!

このブログでは副業初心者向けもお話もしています。これから何か副業をやりたいけど何がいいのか悩んでいる方は、ぜひ他の記事もお読みになってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた^ ^

 

 

ABOUT ME
たなしゅん
受講生800名越え物販スクール「Liberta」運営。 1993年生まれ、名古屋在住。 2018年、現場職時代に無在庫物販を始める。 開始6ヶ月で月利44万円を達成し脱サラ。 旅行が好きで、パソコン1台で全国を周りながら仕事をしている。

物販/フリーランス
たなしゅん
受講生800名越え物販スクール「Liberta」運営。 1993年生まれ、名古屋在住。 2018年、現場職時代に無在庫物販を始める。 開始6ヶ月で月利44万円を達成し脱サラ。 旅行が好きで、パソコン1台で全国を周りながら仕事をしている。
\ Follow me /