物販

不労所得を作るには?無在庫物販でお金が稼げる仕組みを作る方法

こんにちは!たなしゅんです。

この記事をご覧いただきありがとうございます^ ^

今回は無在庫物販で不労所得を作るというテーマでお話ししていきます。

「不労所得」を作ることに憧れがある方も多いと思います。それと同時に「なんとなく怪しい」と感じる人もいるのではないでしょうか?

どうしたら無在庫物販で不労所得が作れるのか?という内容を具体的にお話ししていきます。

 

 

この3つの内容でお話ししていきます。

どれも面白い内容なので、ぜひ最後までお読みください^ ^

不労所得の種類

 

まず不労所得とは何かというお話をしていきます。

不労所得とは、労働によらない(あるいは少ない労働で)得られる所得のことです。

不労所得でお金を稼ぐには、お金が稼げる仕組みを作る必要があります

不労所得の種類をいくつか挙げてみると、

  • 不動産投資による家賃収入
  • 株式投資による配当金
  • FXでのキャピタルゲイン
  • 外貨預金でキャピタルゲインを得るもしくは金利収入
  • 自動販売機の設置場所の提供による場所代など
  • 人気のあるウェブサイト作成による広告料
  • 写真や動画などのデータを特定のサイトで販売することによる収入
  • オークションへの出品による収入
  • 本の出版による印税
  • 電子書籍を出版することによる印税

このようにいくつも種類があります。ここに挙げた例には大きく2つの特徴があると思います。

最初に大きな元手となる資金が必要

収入になるまで時間がかかる

これを聞くと一見ハードルが高そうに感じますよね。そうなんです。不労所得を作るのは簡単なことではないのです。

しかし無在庫物販であれば簡単に始められて、仕組みを作り不労所得を作ることができます。

ではどうやって仕組みを作れるのか次の章でお話しします。

 

仕組みを作るために必要な考え方

 

不労所得でお金を稼ぐ仕組みを作るために必要な考え方があります。

その考え方とは、簡単なことから始めて人を雇って任せるということです。

どういうことなのか説明していきます。

例えばコンビニを例に挙げると、コンビニの経営者(オーナー)は自分が働いていない時間でもお金を稼いでいます。

これはなぜかというとお金を稼ぐ仕組みを作っているからです。

コンビニのアルバイトの仕事はレジ業務、商品の品出し、陳列などがあります。

これらの業務は比較的誰にでもこなせるようにマニュアル化されていますよね。比較的簡単だからこそ仕組み化されているのです。

もしコンビニの業務に何か特別なスキルや資格が必要だったらどうでしょう?人の採用が難しく仕組み化するのが大変ですよね。

コンビニに限らず、このように仕組み化されている商売は世の中に多いと多います。

なので多くの経営者の方は、まず簡単なことから始めてそれを仕組み化していくという考えを持っています。

仕組みを作るには簡単なことから始めて人を雇って任せるという考え方が必要なのです。

コンビニの業務も比較的誰にでもできるようにマニュアル化されている

簡単なことから始めて人を雇って任せる

無在庫物販で仕組みを作る方法

 

次に無在庫物販で仕組みを作る方法についてお話ししていきます。

クラウドワークスなどのサイトで募集をかけて人を雇うことができます。そして雇った人に業務を任せて報酬を渡します。これを外注化といいます。

無在庫物販では次の4つのステップを外注化し仕組みを作ることができます。

 

①リサーチ
②出品と検品作業
③注文時の対応
④仕入れと発送

それぞれの業務を複数人雇って任せることも可能です。

 

①リサーチ

リサーチとは売れそうな商品を探してくることです。あらかじめリサーチのマニュアルを作っておき、外注さんに渡し業務をこなしてもらいます。マニュアルは誰にでもできるように分かりやすく作るのがいいです。

②出品と検品作業

外注さんに出品と検品をしてもらいます。これもマニュアルを作っておくと便利でしょう。

③注文時の対応

注文が入ったときに外注さんにお客様対応を任せます。Amazonでのお客様対応は基本電話でなくメールです。

④仕入れと発送

商品を仕入れしてもらいます。自宅ではなく外注さんの住所に届けることもできます。梱包、発送作業も外注さんに任せることができます。

 

このように無在庫物販でも先程のコンビニの話と同様にお金を稼ぐ仕組みを作ることができるのです。

一度仕組みを作ってしまえば、あとは教育と管理がメインになります。

まるで会社の社長さんみたいですよね。無在庫物販でも経営者の考え方を手に入れたり、仕組みを作ることができるのです。

無在庫物販でも人を雇って業務を外注化することで仕組みが作れる

マニュアルを作成し外注さんに業務を依頼する

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?無在庫物販で不労所得を作る方法についてお分かりいただけましたか?

不動産を買ったり、株を買ったりすることも不労所得を作ることに繋がりますが、初心者の方がやるにはなかなか難しいですよね。

無在庫物販ならこのような流れで仕組みを作り、不労所得を得ることも難しくはないのです。

不労所得を作りたいという方はぜひ参考にされてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた^ ^

 

ABOUT ME
たなしゅん
受講生800名越え物販スクール「Liberta」運営。 1993年生まれ、名古屋在住。 2018年、現場職時代に無在庫物販を始める。 開始6ヶ月で月利44万円を達成し脱サラ。 旅行が好きで、パソコン1台で全国を周りながら仕事をしている。

物販/フリーランス
たなしゅん
受講生800名越え物販スクール「Liberta」運営。 1993年生まれ、名古屋在住。 2018年、現場職時代に無在庫物販を始める。 開始6ヶ月で月利44万円を達成し脱サラ。 旅行が好きで、パソコン1台で全国を周りながら仕事をしている。
\ Follow me /